アメリカを50万キロ走った男の物語


by kagedesu

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
LOST HIGHWAY旅の記憶を辿る旅
DRIVE PHOTOS, USA
僕のROAD SONG
僕が読んでいるもの。
僕が着ているもの。
僕が集めているもの。
未分類

以前の記事

2013年 09月
2013年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

フォロー中のブログ

いわおの日々ing・・・...

最新の記事

LOST HIGHWAY7 ..
at 2013-09-13 05:16
LOST HIGHWAY6 ..
at 2013-09-07 09:31
LOST HIGHWAY5 ..
at 2013-09-06 16:49
LOST HIGHWAY4 ..
at 2013-09-06 10:36
LOST HIGHWAY3 ..
at 2013-08-06 09:19
LOST HIGHWAY2 ..
at 2013-08-05 04:31
LOST HIGHWAY 1..
at 2013-08-05 04:09
no.11/Arizonaで..
at 2012-05-10 02:13
no.10/砂漠の中をJOH..
at 2012-04-18 02:56
no.9/昔の夕焼けと、LE..
at 2012-04-16 23:54
no.8/GUY CLARK..
at 2012-04-11 01:45
no.7/MUDDY WAT..
at 2012-04-09 13:34
no.6/WARREN ZE..
at 2012-04-08 02:42
no.5/1973年のTOM..
at 2012-03-24 02:10
no.4/WARREN Z..
at 2012-03-24 02:03
no3.LOS LOBOSの..
at 2012-03-23 01:14
no.2/WARREN ZE..
at 2012-03-21 02:54
no.1/TOM WAITS..
at 2012-03-21 02:20
no.53/再び、ルート66へ。
at 2011-10-06 00:07
no.52/ロードサインに慰..
at 2011-09-09 23:32

お願い&お問い合わせ

著作権について

このブログの画像・文章の
著作権は筆者、kagedesuに
あります。無断使用、転載を
固くお断り致します。

興味を持たれた方、同好の方
ご意見、ご質問など、ござい
ましたら、こちらまで、気軽
にお問い合わせ下さい。↓
kagedesu@tune.ocn.ne.jp

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

    このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

no.22/ローライフレックスで撮った朝。

a0211477_13425382.jpg

Moss Landingの朝、夜は明けたが、まだ陽は昇ってこない。
カメラはローライフレックス、レンズは、プラナー80mm、F2.8。
絞り解放にして、手持ち限界のシャッタースピードで撮った。
a0211477_13431987.jpg

Pismo Beach程ではないが、Moss Landingも朝、入り江に霧が出る。
a0211477_1432871.jpg

Moss Landingは、MonteryからSanta Cruzに向かう
ルート1のほぼ中央に位置する、小さな漁港だ。
道路近くまで水路が入り込んでいて、走りながら漁船が見えたりするが、
それも、あっという間に視界から消える。
a0211477_13454274.jpg

この坂を上れば、海が見えるが、今は未だここまで光は届いていない。
a0211477_13464735.jpg



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kagedesu | 2011-06-29 14:04 | DRIVE PHOTOS, USA

no.21/カリフォルニアTシャツめぐり。

Pismo Beachを出て、SFに向かう旅も、終点まで300キロもあるので、
写真レポートは、ちょっと休憩して、所々で買った
思い出地名入りTシャツなどを、見てもらう事にします。
実は僕は、成田の税関職員も目をむく買い物魔で、
つねにカート2台、山盛り状態で検査台に向かいます。
古着全般、古本(写真集、画集)食器、陶器、ガラス、
アンティーク、絵、レコード、靴、ARMYグッズなど、
とにかく、USED系の物なら、なんでも可です。
もちろん、新しい、面白いものも。
a0211477_1127045.jpg

キース・ヘリングのイラストを使った、LAのAIDSキャンペーンマラソンのトレーナー。
a0211477_11275896.jpg

Carpinteria BeachのTシャツ。
a0211477_1129811.jpg

Pismo Beachにある、ボーリング場のTシャツ。
ちなみにトレーナーが10枚程ありましたが、僕が買い占めました。
店員から、「あなた、大丈夫?」と言われた。
a0211477_11313888.jpg

そのとき買った、ボーリングPRのTシャツ。
a0211477_11323940.jpg

これも同じくPismo Beachの人気クラムチャウダー店のトレーナー。
5種類程あった、絵柄違いのTシャツもすべてゲットしました。
a0211477_11492848.jpg

Capitolaで行われた、女性サーフィン大会のトレーナー。
大会のタイトルがいい。「WOMEN ON WAVES」
a0211477_11512193.jpg

Pacific Groveにある銀行のTシャツ。




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kagedesu | 2011-06-29 11:52 | DRIVE PHOTOS, USA

no.20/桟橋まで歩いて、Pismo Beachで。

a0211477_4443725.jpg

おそらく101線上で、モーテルの数は、Pismo Beachが、一番多いのではないだろうか。
その殆どが、街の北側の高台に列んでいて、海辺の観光地らしく、
窓を開ければ、潮風が肌に触れる。
目を凝らせば、鉛筆を横にした様な、桟橋も見える。
a0211477_445338.jpg

モーテルのプールの浮かんでいた、花びら。
a0211477_4433144.jpg

ベストウエスタンモーテルのプール。フェンスの先に濃紺色の海が広がっている。
a0211477_4491949.jpg

僕の様に、旅をしながら写真を撮るものにとって、海沿いの街の朝は、理想の環境だ。
特にPismo Beachの様に、薄く霧の出る様な場所は、
光が柔らかくなって、他とは違う美しさになる。
a0211477_4514226.jpg

a0211477_452699.jpg

a0211477_4523227.jpg

小さな街で、同じ場所を何度も歩いているはずなのに、ちょっとした光の変化で、
初めてそこを歩いている様な錯覚になる。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kagedesu | 2011-06-28 05:11 | DRIVE PHOTOS, USA

no.19/シナモンロールを食べてから、PIsmo Beachで。

a0211477_17582630.jpg

101を通るとき、僕は必ずPismo Beachで1泊した。
距離的な都合もあるが、非常に美味しい、シナモンロールの店が、
早朝から開いているので、それを食べたい事も、理由の1つだ。
a0211477_1802139.jpg

人気のシナモンロール。干しぶどうまで、あったかい。
a0211477_1814956.jpg

a0211477_182962.jpg

a0211477_1822751.jpg

a0211477_1831594.jpg

桟橋手前の、サーファー達のたまり場。
サーファーは、ここでシャワーを浴びてから、駐車所まで歩いていって、
サーファー独特の着替えをする。
朝食を済ませてきたのか、それとも、これから帰って食べるのか、
動き方が、テキパキと手慣れていて、なんだか、朝のひと風呂って感じがする。
a0211477_1861387.jpg

a0211477_1863223.jpg

たまり場となりのカフェから伸びている、造花のヤシの木。
前に来た時にもあったはずだが、きれいなものに変えた気がする。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kagedesu | 2011-06-27 18:11 | DRIVE PHOTOS, USA

no.18/朝のサーファーズタウン、Pismo Beachで。

a0211477_17261472.jpg

モーテルの窓から見た、Pismo Beachの海岸。まだ夜が残っている。
a0211477_17272037.jpg

Santa Barbaraを過ぎても、暫くの間、車窓から時折、海を望む事があるが、
Gaviotaの坂道を登ると、突然森林地帯に、分け入った様な風景になる。
それから、Pismo Beachに着くまで、海を見る事はない。
a0211477_17305972.jpg

逆に、SFから、南に下ってきた場合、San Luis Obispoを過ぎて、長い峠道を登り切ると、
ここでも、Pismo Beachの手前で、初めて、海が眼下に広がる。
LAとSFの500キロの間を、101で走る人にとって、
Pismo Beachだけが、唯一、海と出会う場所だ。
(Pismo Beachの桟橋で)
a0211477_17352067.jpg

a0211477_17362969.jpg

朝早く、海岸近くは、霧が立つ事が多い。
そんな時は、夏でも肌寒く、散歩する人達は、頭からヨットパーカーを被っている。
a0211477_17375959.jpg

a0211477_17395112.jpg

Pismo Beachのメインストリートは、極端に短い。
商店街の始まる角から歩き始めても、100メートル足らずで、桟橋の手前で行き止まりになる。
場違いに広い駐車場が、桟橋近くにあって、早朝はサーファー達の車で、
休日は、海好きの家族連れや、カップルの車で、駐車場は満杯になる。
a0211477_17432733.jpg

a0211477_1743615.jpg

100メートルのメインストリートの間に、サーファー用の店が2軒、
名物のクラムチャウダーを食べさせる店が、4〜5軒。
廃業した映画館の中に、アクセサリー店と、古着屋が、1軒ずつ。
その他、貝殻細工などのお土産物屋が数軒。
休日になると、この短いメインストリートを、人々が楽しそうに歩いている。
(写真はメインストリートの横丁で。)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kagedesu | 2011-06-27 17:52 | DRIVE PHOTOS, USA

no.17/海に一番近い道・カリフォルニアONE

a0211477_2292562.jpg

カリフォルニアのルート1は、何カ所かで、101の細道の様に枝分かれして海側を走り、
再び101に合流する設計になっている。
LAから出発して最初の枝分かれが、Santa MonicaとVenturaを結ぶラインだ。
少し迂回する事になるが、この道が一番西海岸らしく、湘南海岸の神様の様な風景が暫く続く。
レンタカーを借りて、初めてLA周辺を走るとしたら、このルートがベストだろう。
a0211477_2294976.jpg

写真は、ルート1上のガソリンスタンド兼雑貨やの前で。店員もヒッピー風だ。
a0211477_2371358.jpg

ルート1から、少し小道に入れば、すぐ海だ。
a0211477_2395765.jpg

Nevadaナンバーのプレートをつけた車から降りた家族連れが、海を見ていた。
a0211477_2413418.jpg

ルート1途中の空き地で。最初、僕はこの箱を、トイレとは気づかなかった。
a0211477_2432720.jpg

これも、海に続いていた道。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kagedesu | 2011-06-27 02:47 | DRIVE PHOTOS, USA

no.16/Santa Barbaraで会いましょう。

a0211477_13225541.jpg

1930年代のSanta Barbaraのモノクロ写真。
市内のギャラリーで購入。
a0211477_13235552.jpg

Santa Barbaraは、絵の様なという形容が、西海岸で一番似合う街だろう。
ユーカリの並木の奥に、スペイン風の赤茶色の瓦屋根と、
白壁の家が並び、その後方に、鮮やかな緑の丘が見える。
(写真は、市内のパティオで。)
a0211477_13262530.jpg


a0211477_13273056.jpg

最近、村上春樹の新訳で話題になった、レイモンドチャンドラーは、
LAを小説の舞台にしたが、チャンドラーよりひと味地味な、ロス・マクドナルドは、
このサンタバーバラを題材に、犯罪小説の傑作を書いている。
「さむけ」は必読。
a0211477_13302066.jpg

a0211477_13304852.jpg

これらの写真は、同じサンタバーバラでも、フリーウェイ沿いのメキシコ人地域。

a0211477_133155100.jpg

最後のルートは、SFまでのほぼ中間点である、San Luis Obispoまで、
ルート101を使い、ここから、カリフォルニア1と呼ばれる、ルート1に進むもの。
ただしこの道は、San Simeonを過ぎてからは、Carmelまでの150キロに渡って、
遥か眼下に、海を見ながら、断崖の上を走る事になる。
San Simeonのガソリンスタンドで、店員に「夜は避けた方がいいよ。」
と注意された事もある。昼間なら、風景のスケールは、圧倒的だ。
a0211477_13374263.jpg

BIg Surの近くで休んでいた、キャンピングカー。
さすがに、ここに来るだけあって、ヒッピー色漂う。
(Big Surはジャック・ケルアックやリチャード・ブローティガンゆかりの地だ。)

a0211477_1346442.jpg

ルート1のドライブは、緊張の連続で、全く気が抜けない。
そのせいか、Carmelから下ってくる車は、San Simeonで、みんな休憩している。
a0211477_13475310.jpg

a0211477_13481675.jpg



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kagedesu | 2011-06-25 13:49 | DRIVE PHOTOS, USA

no.15/カリフォルニアのベストロード

a0211477_452421.jpg

LAからSan Francisco(以後SF)に向かうルートは4通りある。
内陸側のルート99は、カリフォルニアの中でも乾いた、半砂漠地帯を走るルートで、
途中、TULAREなど、中西部風の町が点在する。
フリーウェイを外れて、田舎道を走れば、植林されたアーモンドの林が、延々と続く。
太平洋までは、直線距離にして、200キロ近くある平原の道だ。
a0211477_51132.jpg

a0211477_513070.jpg

BAKERSFIELD近くのドライブインで、ようやく日が昇り始めた。
a0211477_52017.jpg

a0211477_522950.jpg

a0211477_531764.jpg


a0211477_5709.jpg

次のルートのフリーウェイ5番は、旅のルートとしては問題外だ。
この道路は、長距離トラッカー専用と等しく、500キロの間フリーウェイを降りても、
近くに、町らしい町もない。あるのは、売店付きのガソリンスタンドと、
デニーズなどのチェーンレストランだけだ。
僕も一度走ったが、記憶に残っているものは何もない。
a0211477_5152381.jpg

a0211477_5154359.jpg

a0211477_5161988.jpg

その点、ルート101は、海あり山あり草原ありの、カリフォルニアのベストロードだ。
Santa Barbaraや、Pismo Beachなど、ルート場にあるいくつかの街は、
それぞれに個性があって、つい長居してしまう。
(写真は、Ventura近くの休憩所で。)
a0211477_5164128.jpg

a0211477_5192912.jpg

Santa Barbaraの手前、Carpinterieで、静かな住宅地の先に、誰もいない砂浜と海がある。
a0211477_5195079.jpg

それでは、また次回。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kagedesu | 2011-06-25 05:33 | DRIVE PHOTOS, USA

no.14/カリフォルニア・サンセット

a0211477_2244833.jpg

LAを旅のベースにしていた頃、LA在住の友人が、ラグナビーチを教えてくれた。
サンタモニカ辺りの、観光地化したビーチと違って、
少し遠いけれど、昔の西海岸の良さがあると。
a0211477_224657.jpg

それ以来、ラグナビーチが、僕の西海岸のシンボルみたいになって、
内陸の旅から帰ると、ラグナホテルに一泊するのが習慣になった。
三日月型をした砂浜も、部屋の窓から見えた。
a0211477_225604.jpg

日曜日の夕方、海を見下ろす公園に、人々の姿があった。
a0211477_22562311.jpg

(*以前、僕が制作したカタログの複写。撮影地はラグナビーチ。)
a0211477_2248756.jpg

ラグナビーチは、LAから2時間程南に下った、海岸沿いの小さな街だ。
昔から、多くのアーティストが住む、高級リゾート地として知られ、
今でも質の高いギャラリーが、海に続く坂道に並んでいる。
a0211477_22504247.jpg

つい最近も、ラグナビーチに寄って、入り江を見下ろすメキシカンレストランで昼食をとった。
20年前に感じた、ラグナビーチの魅力は、今でも残っていた。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kagedesu | 2011-06-20 22:53 | DRIVE PHOTOS, USA

no.13/帰り道に見たもの。

a0211477_0422662.jpg

暗いうちにGALLUPのモーテルを出てきた。
未知のルートなので、ガソリンを満タンにし、
ついでに朝食用のサンドイッチを買って運転しながら食べた。
こう書くと、ハードな旅の様に思われそうだが、
走っている僕としては、こんな幸せな時間はなかった。
a0211477_0452675.jpg

アリゾナに入って、最初の出口で、フリーウェイを降りた。
フリーウェイにいる時は、リアーウインドに微かに夜明けの色が映ったが、
ルート264に続く、田舎道に出ると、右側の窓が明るくなった。
a0211477_1251321.jpg

HUNTERS POINTの当たりで空が白み始めた。
車を停めて外に出てみると、集落の屋根だけが見えた谷間に、もやが立ちこめていた。
何気なく振り返ると、道路脇の土手の上に、星条旗が立っていた。
a0211477_048990.jpg

土手を登ってみたら、そこはインディアンの墓地だった。
戦死者のものか、星条旗の下に整然とお墓が並べられていた。
a0211477_0532193.jpg

少し歩くと、戦争とは関係のない、普通の人たちが草原の中に埋葬されていた。
そこに立つと、谷間の下の家々がよく見えた。
a0211477_0551588.jpg

a0211477_0555144.jpg

a0211477_0561442.jpg

a0211477_0563353.jpg

a0211477_0565418.jpg

EDWARD S. CURTISの写真で有名な、CANYON DE CHELLY国立公園は、
HUNTERS POINTの100キロ程先にある。
いくら寄り道でも、そこまでは無理なので、ルート264をGANADOに向かう事にした。
a0211477_10574.jpg

コンクリートブロックの塀が、不思議なブルーに変色していた。
a0211477_112178.jpg

ルート264上で見た、「正しい学校教育を受けよう」と呼びかける看板。
a0211477_134831.jpg

a0211477_14691.jpg

WINDOW ROCKの近くで、不思議なものを並べたバザーが開かれていた。
近くまで行って、覗いてみたけれど、僕には用途の分からない車の部品の様なものだった。
a0211477_18936.jpg

a0211477_114856.jpg

a0211477_183431.jpg

ここは、誰かの土地なのか、空き地なのか、公共の場所なのか、分からない。
a0211477_1145018.jpg

車が走ると、埃が立つ。ここには、芝生とか、並木とか、垣根とか、
アメリカの街にある、普通の景色がなかった。
a0211477_1162725.jpg

この赤い建物で、蒸したコーンの様なものを売っていた。
a0211477_1181490.jpg

a0211477_1184395.jpg



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kagedesu | 2011-06-20 01:25 | DRIVE PHOTOS, USA